「ネイティブが話す英語は速くて聞き取れない。」 「TOEICのリスニングはかろうじて聞き取れても会議でのネイティブが話す英語は全然聞き取れない。」 多くの方がこのような悩みを抱えていらっしゃいます。 この原因は、ただ単に「速いから」だけではありません。

そもそも、私たちが中高6年間で私たちが習ってきた英語の発音の仕方とは異なった発音をしているからです。これを「音声変化」と言います。 近年、この音声変化は「日本人がリスニングが聞き取れない原因だ」と周知されてきたように思いますが、ここで音声変化について簡単にご説明させていただきます。

理由1. 英語には機能語と内容語がある

英語には大きくわけて内容語と機能語の二種類があります。

内容語は単語そのものに内容があること。例えば、Paul, guitar, play, fun, tall など。一方、機能語は単語そのものに内容がなく、機能を果たしている言葉。例えば、will, in, her, from, mayなど。助動詞、代名詞、前置詞などが機能語になります。

機能語と内容語、相手に英語を伝えようとしたとき、どちらが大切でしょうか?

それは間違いなく内容語です。

ネイティブは伝えたい内容語だけをはっきりと発音し、その他(内容語に比べるとどうでもいい情報)は弱く、または小さく発音しています。そのため、「日本人の英語は聞き取れるのに、ネイティブの英語は聞き取れない」ということが起こってしまうのです。

They will be working some long hours.  

大事なのはworking とsome long hours.の2つ。 they will beは「ゼイ ウィル ビー」ではなく、小さく弱く発音され、「デゥビ」くらいにしか聞こえないのです。

理由2. 学校で習った発音とは違う発音

「音声変化」

理由の2つめに、「音声変化」が挙げられます。英語はアルファベッド通りに呼ばれるわけではなく、一定のルールに基づいて音声を変化させて発音しています。ルールをわかれば、英語を見たときにどのように発音すればいいのか分かります。

「聞き取れない音=自分が発音ができていない音」すなわち、「自分が発音できる音=聞き取れる音」ということを忘れないでください。

自分が英語を見て、音声変化に気づいてそのように発音できるものが増えていけば、ネイティブの一見繋がって速く聞こえる音声も聞き取れるようになる、というわけです。

ただ、この音声変化は、このルールを見ただけではただ知識がついただけでで、いきなり聞けるようにはなりませんので、毎回のトレーニングで自動化していくまで落とし込みます。

音声変化ルール一覧

リエゾン


音がつながって発音されること。 別名はリエゾン。 子音あとに、母音がくると、音がつながって発音される。

come on  カモン

just a ジャスタ

check it out チェキラッ


脱落


  • /t/ /p/ /k/ という音は単語の最後にくると消えやすく、発音されません。

  • ​単語の最後と次の単語の音が同じ(もしくは発音の仕方が似ている)だと、前の音を発音しません。

Right ライッ

good day グッディ

sit down スィッダウン

強形/ 弱形

代名詞・前置詞・冠詞・助動詞などは強形(強く発音される)と弱形(小さく弱く発音される)二種類があり、強調される時以外は、弱形、つまり弱く小さく、発音も異なります。

これは私たちの義務教育では習っていません。なので知らないのは当然。日本人が一番聞くにくいとされているのが、この弱形です。

from フォン

for フォ

to トゥ


変形

tが母音やlに挟まれると、「らりるれろ」に近い発音になります。

bottle ボロゥ

total トーラル

let it go レリゴー

48歳男性・会社役員

受講後のTOEIC®︎ 745 (L 365 R 380)

Q1 LearnFitを受講されたきっかけをおしえてください。


まず今の日本社会の英語に対する意識に、これまでと違う変化が生じていると感じていて、英語の習得に早く取り掛かからなくてはならないという漠然した焦りがありました。今の時代ほど英語を必要とする雰囲気が社会に醸成されている時期はなかったと思います。これからの新しい時代で通用してゆくために、英語のスキルが必要だと判断しました。

ただ、これからどうやって英語を習得するかについて正直悩みました。この国では、現状、英語を使わなくても何ら日常生活に支障がないわけですから、緊張感は高くありません。

さらに、中学校から大学まで、そして社会人になってからも多大の時間と金と労力を使って英語を勉強してきたはずなのに、いまだ満足に喋ることも聞くこともできないということは、今までと同じスタイルで英語学習に取り組んだところで、結果が変わるとは思えなかったのです。

そんなときに偶然LearnFitに出会い、最初のカウンセリングのときに、私がこれまで経験してきたものと違うレッスン方法や英語学習のコツの説明を受け、ちょっとした衝撃を受けました。このやり方とこの人ならば違う結果になるかもしれないと思って受講を決意しました。

Q2 受講前はどのようなことに悩んでいましたか? また、それは解決されましたか?


大学の英語受験はそれなりに良い点を取れていましたが、スピーキングとリスニングはまるでダメでした。なので、これまで多くの英語の書籍を購入してきたし、複数の英会話スクールにも通ってきました。

しかし、どれ一つとして長続きしなかったので、そこが一番心配で悩みでした。

英語を喋れた方がいろいろな点において有利であるという一般論としての理屈を頭では理解していても、自己啓発や転職に有利だからという程度の「ぬるい」動機づけだけでは、たとえ一人で勉強机に向かったところで、所詮は現実的に差し迫った状況ではないので、日常生活における行動の優先順位は下がるし、モチベーションを維持するのが極めて困難でした。


LearnFitのスタイルは、いろいろと余計なことを考える前に強制的に英語を勉強させるプログラムなので、必然的に優先順位を上げて取り組む(というか、正確には取り組まざるをえない)のが良かったと思います。

Q3 LearnFitに通うことを決めたきっかけ、決め手は何でしょうか?


一番の理由は、これまで自分が実践して失敗してきた方法とは異なるレッスンプログラムをご提案いただいたことです。

宿題が結構多くて、次回レッスンまでのわずか1週間でそれらをこなすためには、毎日強制的にやらなければならないプログラムになっていました。勉強を継続できたのはその強制力のおかげであったことは認めざるを得ません。また、その宿題の量がかなり絶妙だった気がします。

ちょっとそれは無理じゃない?という分量で、一日でもサボるとリカバリーがかなり大変でしたので、そのあたりを見極めて量の調整をしてもらっていたように思います。

また、レッスンで使う教材は先生がこちらのレベルを踏まえてカスタマイズしてくれるところも良かったです。ただ、毎回ちょっとレベルが難しめのものを選ばれていたような気がします。

あとは、英会話スクールのようにいかにもお教室というような施設ではなく、ホテルのラウンジでレッスンをしていただいたので、環境として快適だったことも良かったです。

それと先生が日本人であることも精神衛生上は実は良かったポイントですね。ある程度自分の意思を英語できちんと伝えられる能力が身についていれば、ネイティブの先生も良いですが、その域に達するまでは正直言ってストレスの方が大きいものです。

Q4 どのような方にLearnFitをおすすめしたいですか?


英語を真剣にやりたいと思っている人ならばどなたでも良いと思います。

もちろん一番ハマるのは、私のようにこれまでの英語勉強法で失敗してきた人だと思います。

最後に、英語の習得は、決して簡単なことではないということを教えていただきました。

また、英語という言語が日本語とはまったく違う体系ながら、奥深さや繊細さもあわせ持つ言語であるということを知ることができました。この気付きは私にとって非常に貴重なものであり、その機会を与えてくれた鶴田さんに感謝しています。





受講前 430点→ 受講後 635点(2019年4月)


年齢(46)

職業(外資系通信会社)      

役職(シニアエンジニア)

Q1 TOEIC635点を取得された率直な感想をお聞かせください。

ー正直、やれば出来るんだと感じました。学生時代は英語を何もやっておらず、TOEICを受ける度に、ショックを受けては勉強するものの、継続できずに挫折を10年以上繰り返していました。 教材は沢山もっているが、語学の才能がないと諦めに近い感じでした。

今は、景色がかわり、出来ない部分が大量に見えているので、まだ、やっと一歩踏み出せた感じです。トレーナーがいたからこそ、学習を継続させることができたと思います。

Q2 LearnFitに通うことを決めたきっかけ、決め手は何でしょうか?

ー鶴田さんにお会いした印象で決めました。


Q3 他社と比較検討されましたか?

ーはい。どこも内容は似ていたが、個人能力にかけてみたのと、受講料が良心的だった。


Q4  受講後の感想をお願いいたします。

ーこれで駄目なら、英語学習は諦めるかと考えていました。

正しいやり方で、段階を踏んで、英語学習を継続することを学びました。

一番難しいのは、日常の学習継続だと思います。一人での学習では、ちょっと挫折感があると学習を止めてしまいます。英語習得の方法論をわかっているトレーナーがいることで、学習方法が明確になり、励まされる事で勉強のモチベーションを維持出来ました。

言われてみると、当たり前の事ですが、仕事が忙しくて継続できないのではなく、

隙間時間の活用やカフェでの勉強など、意識が足りませんでした。

卒業後して3ヶ月経った今も、仕事は忙しいのですが、毎日コツコツシャドーイングとリーディングを続けています。通勤時間と夜にカフェかマックで少しでもやっています。

ディスカッションするには、まだまだですが、やるべき事は、はっきりしています。

仕事の会議も、英語の日々の学習も楽しくなって来ています。この感覚は初めての状況です。

鶴田さんには、本当に感謝しています。